TOP 新着情報 商品ラインナップ 美しさのかたち よくある質問 三香堂について
メールマガジン
OPAL
メイクアップ
ブドゥワー ドゥ ソワタン
チュラベル
リュプラメール
パールビヴァン
パールケーキ
パールパクト

生産終了商品
(一部及び全品)
フィルモホワイティック(生産終了)
エンジョイホワイト(生産終了)
フィルモリンクル(生産終了)
エンジョイモイスト(生産終了)
パールルージュ(生産終了)
Products 商品ラインナップ
Products TOP スキンケア メイクアップ ヘアアンドボディ エステ

メイクアップ

MAKE UP TECHNIC
1、アクティブカジュアル
アクティブカジュアル
肌の自然なつや感を活かしてシアーで健康的な肌を演出
1

トラブルスキン(シミやクマが気になる肌)はコンシーラーとファンデーション、ノーマルスキンはファンデーションのみ使用、と対処法と塗る量を替えましょう 。
肌の血色が悪く元気に見えない時には、ベビーピンクのカラーベスクリームを使って、健康的で自然な明るさを引き出しましょう。

2

基本的には、顔の中心ほど薄く伸ばして、軽い仕上がりにすると自然で若々しく見えます。

3

ファンデーションを塗った後、2枚重ねのティッシュにメイクドローションを20cm離したところからスプレーしたものをお顔にのせ、上から手で軽く押さえます。
こうして余分な油分を取りのぞいてからフェイスパウダーでフィックスすると、自然なつや感を残したシアーな肌に仕上がります。

2、ライトエレガンス
ライトエレガンス
肌質を活かし、適度なつやと透明感を出した若々しい肌を演出
1

顔の中で気になるトラブル(シミやクマ)のある部分はコンシーラーを使って補正します。

1

顔色の補正は肌そのものの印象を変えることができます。
アイシャドーやチークの色よりも、肌が第一です。
イエローグリーンのカラーベースクリームや肌の黄味を抑制するパープルのカラーベースを使って肌を生き生きと見せましょう。

3

ファンデーションの塗り方を変えるだけで見え方を変えることが可能です。
肌の状況に合わせて軽く仕上げたり、しっかりカバーしながらナチュラルに見える塗り方を身に付けると、自然な仕上がりになります。

ブドゥワー ドゥ ソワタン シリーズ メインページへ

▲TOP
cs@opal-co.co.jp

Copyright 2013 OPAL COSMETICS. All rights reserved.
はじめての方へ プライバシーポリシー
English   French