HOME > フェイスケア

美しい肌は健やかなからだと心から。

美しい素肌は、いつの時代も女性の切なる願いです。

現代生活は環境汚染や社会的ストレスなどのお肌にとっては過酷な環境です。
だからこそ、適切で効果的なスキンケアが求められているのです。
ひとりひとりのお肌が違っているように、必要なお手入れ方法も様々です。
貴女にふさわしいお手入れ方法をみつけてみませんか。

肌レベルのチェック

まずは肌レベルのチェックシートで、現在の肌レベルを決定します。
季節、ストレス、体調・・・お肌の状態は一定ではありません。
ご自身のお肌の状態きちんと把握して肌レベルにあったお手入れですこやかで美しいお肌をめざします。

[肌レベルのチェック方法]
ご自分のお肌の状態にあった項目をチェックしたあとに診断結果へお進みください。
肌レベル1
肌レベル2
肌レベル3

診断結果

  • 肌レベル1にチェックがある(だたし、レベル2,3にチェックがない)。肌レベル1へ
  • 肌レベル2にチェックがある(だたし、レベル3にチェックがない)。肌レベル2へ
  • 肌レベル3にチェックがある。肌レベル3へ

肌レベル1のお肌のご使用方法

健康なお肌です。美容原液オパールR-Ⅲをコットンにたっぷりとしみ込ませてご使用ください。

朝夕のクレンジング・洗顔後、コットンに『美容原液オパールR-Ⅲ』をたっぷりと(500円玉大程度)含ませて、よくもみこみます。

下記の順番でお顔全体にしとしとなじませます。
(1でやさしくお肌にコットンをあてて、2でひと呼吸置き、3で離します。)

  • 1. 耳の下から、Uラインの下を通って反対側の耳の下まで
  • 2. おでこ
  • 3. 鼻筋から口のまわり
  • 4. 唇の下から左耳の前へ
  • 5. 口角から左耳の前へ
  • 6. 鼻横から目の下を通って左のこめかみへ
  • 7. 唇の下から右耳の下へ
  • 8. 口角から右耳の前へ
  • 9. 鼻横から目の下を通って右のこめかみへ
  • 10. 目のまわり

最後に顔の中心から耳・あご・首の方向にやさしくなでるようにふきとります。

肌レベル2のお肌のご使用方法

お肌のパワー(回復力)が少し弱っているお肌です。
お水を含ませたコットンに1、2滴の量からご使用ください。

朝夕のクレンジング・洗顔後、コットンにたっぷりと水を含ませ、お顔全体になじませます。

そのコットンに1,2滴『薬用美容原液オパールR-Ⅲ』を落し、よくもみこみます。

しとしとお顔全体になじませます。

※ お肌の状態に応じて『薬用美容原液オパールR-Ⅲ』の量を徐々に増やしてください。
使用中にお肌に違和感を感じたときは、元の使用量にお戻し下さい。
初めての使用から約3週間をめどに、「肌レベル1のお肌のご使用方法」にお進み下さい。

肌レベル3のお肌のご使用方法

お肌のパワー(回復力)が弱っているお肌です。
1滴の量を手のひらを使ってやさしく入れ込むようにご使用ください。

朝夕のクレンジング・洗顔後、顔と手が濡れたままの状態にします(水分をお肌に充分なじませます)。

濡れた手のひらに一滴『薬用美容原液オパールR-Ⅲ』を落し、手のひら全体によくなじませます。

顔全体を包む様に軽くおさえます(お顔に手のひらでやさしくなじませます)。

※ お肌の状態に応じて『薬用美容原液オパールR-Ⅲ』の量を徐々に増やしてください。
使用中にお肌に違和感を感じたときは、元の使用量にお戻し下さい。
初めての使用から約3週間をめどに、「肌レベル2のお肌のご使用方法」にお進み下さい。

おすすめのコンテンツ

ページの先頭へ