HOME > 美しい肌の人ボイス

肌の底から美しさが溢れ出す。

美容原液オパールR-Ⅲをお使いの方のお声をご紹介。

美容原液オパールのネーミングの由来は赤・黄・碧の光りを放つ宝石のオパールにあります。
使われた方の肌の底から美しさが溢れ出すように、美容の源の液として親しんでいただけるように願いを込めて名付けられました。
そんな願いのこもった美容原液オパールは1926年の発売以来、多くの女性に指示され続けています。
ロングセラー製品だからこそ幅広い年代の方に長くお使いいただいているのが特徴です。

オパールR-Ⅲとは旦那様より長いお付き合い

フリー・アナウンサー 林部 香織様

オパールR-Ⅲの愛用歴はかれこれ10年?11年?
確か、30代にさしかかってからだから、12年とはっきりしませんが、旦那様より長いお付合いをさせて頂いております!

私がオパールR-Ⅲを好んで使用している理由は、肌荒れをしている時でも使う事が出来る事!
例えば、普段はコットンにお水を湿らせて、1:4くらいの割合で使っているのですが、“肌が敏感になっているな〜”と感じる時には、1:10くらいにして…と言う風に自分のお肌のコンディションに合わせて使っています。

新しく使う化粧品でも、先にオパールR-Ⅲを使用しておくと、馴染み易い気がします。

私は自然派なので天然成分を入れてあるというのは嬉しいですし、愛用しています。
オパールスプレーボトルに入れて全身にシューッとできるのも、とってもありがたいです。

プロフィール

関西学院大学を卒業後、北海道放送鰍ノ入社。アナウンサーとして夕方の情報番組の司会やスポーツキャスターとしてジャンプ体験レポートなどアクティブに活動。退社後は故郷の大阪に戻り、関西テレビの「スーパーニュース関西」のキャスターを7年間務める。平成17年9月末に出産のため降板。現在は二人の女の子の母親。

おすすめのコンテンツ

ページの先頭へ