HOME > 美しい肌の人ボイス

肌の底から美しさが溢れ出す。

美容原液オパールR-Ⅲをお使いの方のお声をご紹介。

美容原液オパールのネーミングの由来は赤・黄・碧の光りを放つ宝石のオパールにあります。
使われた方の肌の底から美しさが溢れ出すように、美容の源の液として親しんでいただけるように願いを込めて名付けられました。
そんな願いのこもった美容原液オパールは1926年の発売以来、多くの女性に支持され続けています。
ロングセラー製品だからこそ幅広い年代の方に長くお使いいただいているのが特徴です。

私がオパールを使い続ける理由

オフィスヌトゥリール 永野 明子 様

私が初めてオパールと出会ったのは約5年前でした。
当時の私の肌質は非常に敏感肌で、季節の変わり目になると肌荒れがひどく、ファンデーションを塗っても常に粉をふいたような状態になり、その時期になるといつも大変憂鬱な気持ちでした。

そして年齢と共に肌質もひどくなり、ついには皮膚科の医療用のスキンケア製品でないと保湿効果も得られなくなってしまいました。

そんな時、三香堂スタッフの方からオパールをご紹介いただきました。初めて肌に付けた時は少しピリッとしましたが、スタッフの方の丁寧なカウンセリングによりオパールの効果による肌質改善によるものだと理解できたため、安心して使用させてもらいました。

その後も続けて使用していると、「和漢植物&西洋ハーブ」など天然素材の効果からみるみるうちに肌質も丈夫になり、最終的には肌診断機での計測でも保湿度や水分量も「理想的な肌質」という結果を得ることもできました。
今では知り合いや友人、家族にノーメークの時にも「素肌がきれい!」と誉められます。荒れた素肌のため自信をなくしていた私が、今では素肌を自慢したくなるほどに変化できたのは美容原液オパールR-IIIのおかげです。

永野 明子 様

おすすめのコンテンツ

ページの先頭へ